chapeter1

購入前に必要な「確認項目」

テレビスタンドには、デザイン、高さ、設置タイプなどによって様々な種類が存在します。テレビスタンドを購入する際、失敗しないために確認しておきたい項目を詳しく解説します。

取り付け可能な「テレビ」を確認

テレビのタイプによっては、取り付けることができない場合があります。「WALLテレビ対応表」で、テレビが取り付けられるかどうか購入前に必ず確認しましょう。

「WALLテレビ対応表」で取り付け可能なテレビを確認できます。

快適なテレビの「高さ」を確認

テレビを快適に視聴するためには、画面を見上げないよう、テレビ画面の中央位置が目線と同じか、それ以下の高さが望ましいと言われています。普段視聴しているテレビ画面の位置を確認して、最適なテレビスタンドのタイプを選びましょう。

テーブル(椅子)に座った状態

ソファ・床に座った状態

テレビの「設置場所」を確認

WALLテレビスタンドには、壁に寄せて設置できる「壁寄せタイプ」と、自立してお部屋の中央やコーナーに設置できる「自立タイプ」があります。お部屋のどの位置にテレビを設置するのかをよく考えて選びましょう。

壁にぴったり寄せてテレビを設置する場合
ぎりぎりまで壁に寄せてテレビを設置できるため、 設置スペースを必要とせず、大型テレビでもお部屋を広く使えます。

お部屋のコーナーや窓の前にテレビを設置する場合
様々な位置から視聴できるよう、お部屋のコーナーに設置したい場合や、窓の前に設置したい場合等レイアウトにこだわる人にオススメのタイプです。

chapeter2

テレビスタンドの「使用イメージ」

お部屋のどこでテレビを視聴するか、リビングやダイニング、寝室などテレビスタンドを使用した代表的なシーンを紹介します。

LIVING ROOM

ソファや床からの視聴は
ロータイプがおすすめ
大型テレビは高さがあるため、設置場所によっては見上げてしまい、視聴しにくくなる場合があります。そのため、ソファや床からの視聴が多いリビングでは、低く設置出来るテレビスタンドをおすすめします。将来大型テレビへの買い替えを検討している場合は、対応インチ数の確認もお忘れなく。

DINING ROOM

家族の会話がひろがる
ダイニングでのテレビ視聴
ダイニングでのテレビ視聴。食事をしながらはもちろん、画面にレシピを映して料理を楽しむなんてことも大きなスペースを必要としないテレビスタンドならでは。椅子に座った姿勢からも、立ち姿勢からも画面が見やすいよう高い位置に設置できるテレビスタンドがおすすめ。

BED ROOM

高さのあるハイタイプなら
ベッドに寝ながらでも快適に
ベッドに横になった姿勢ではあまり視線に角度をつける事ができないので、おすすめは高い位置に設置できるテレビスタンドです。就寝前にリラックスできる映像を流したり、目覚まし代わりに朝のニュースを流したり、ベッドに寝ながらでも快適にテレビを楽しむことができるようになります。

1ROOM

コンパクトでスペースを
有効に使える自立タイプ
床に座ったり、デスクに座ったり、ベッドに横になったり、様々な体勢になる⼀⼈暮らしのワンルーム。⼩回りがきく⾃⽴タイプのテレビスタンドなら気軽に位置や⾓度を変えられ、お部屋のどの位置からでも、どんな体勢からでもテレビを楽しむことができます。

MEETING ROOM

視線を遮らない
ハイタイプ
ミーティングでは、全員が視聴できるよう高い位置へ設置できるテレビスタンドが便利。また、ミーティングの規模によって最適なテレビサイズは異なりますので、幅広いサイズに対応したものを選んだり、複数の会議室で使う場合は移動しやすいキャスター付きのものを選ぶのがおすすめです。

テレビの取り付け条件について

Qテレビの取り付け確認はどうすればできるの?
A

「テレビ対応表」で確認できます。

「WALLテレビ対応表」にアクセスしテレビの型番を選択することで、取り付けが可能なテレビスタンドや取り付け時の床からテレビまでの高さをご確認いただけます。

Q対応サイズより大きいテレビは付けられないの?
A

規定の対応テレビサイズ、重量がオーバーしているテレビの取り付けはお勧めしていません。

対応サイズはテレビの「サイズ」と耐荷重はテレビの「重量」で設定しています。 テレビサイズはテレビの大きさとスタンドのバランスにより安定性を得られないなどの理由から、耐荷重は強度の観点から、どちらも安全にお使いいただくために設けています。 そのため、耐荷重内の重さでも規定の対応テレビサイズより大きいテレビは取り付けをお勧めしていません。 取り付けの確認はテレビ対応表をご確認ください。

設置方法や設置場所について

Q壁寄せタイプは壁に寄せなければいけないの?
A

壁に寄せて設置する仕様になっていますので、壁に寄せてお使いください。

壁寄せタイプのテレビスタンドは、壁掛けと同様の効果を得るため、出来る限りテレビを壁に近づけられるよう設計されています。後ろ方向への安全性を確保するために、壁に寄せて設置する必要があります。 自立タイプのテレビスタンドは、全方向に対して安定性を得るため、支柱がベースの中央寄りに付いているのでお部屋のコーナーやお好みの場所へ設置いただけますがその分テレビを壁に寄せることができなくなり、壁寄せタイプのテレビスタンドより壁掛けのように見える効果は減少します。

Q設置のとき、床が傷ついたりしない?
A

スタンド自体に保護処理がされています。

WALLテレビスタンドでは、ベース(土台)の裏面に床を傷つけないよう保護処理がされいていますので傷つくことはありません。 別売りオプションには、床を保護しつつ設置をサポートするWALL専用のポリカーボネートフロアシートがあります。スタンドと一緒にご使用いただくとより安心です。 ※WALLテレビスタンドV4には標準装備されています。
※スタンドによってポリカーボネートシートのサイズは異なります。

ポリカーボネートフロアシート
Qテレビ台の後ろに窓があるけど問題ない?
A

背面が窓やドアの場合、壁寄せタイプの使用はお勧めしていません。

背面が窓やドアの場合は、自立タイプのテレビスタンドをお勧めしています。 テレビを窓の前やお部屋のコーナーに置きたい場合は、自立タイプのテレビスタンドをご使用ください。

Qたたみ・カーペットに置ける?
A

耐震性の観点から、設置した際の重みで沈み込みが発生してしまうため、 たたみ・毛足の長い絨毯・厚みのあるカーペットへの設置はお勧めしていません。

Q地震で倒れたりしない?
A

耐震試験を実施し、転倒の有無を確認しています。

WALL テレビスタンドでは、40kgのダミーテレビ(一番高い位置に設置)・転倒防止ワイヤーを使用しない状態で「阪神淡路大震災」を再現した起震車試験を実施し、その結果転倒はみられませんでした。
※自社基準に基づき耐震性を実証しています。
※すべての環境での耐震性を保証するものではありません。

Q転倒防止金具は必ず必要?
A

取り付けない場合でも耐震性に問題はありませんが、より安全にお使いいただくために転倒防止金具の取り付けをお勧めしています。

※WALLテレビスタンド壁寄せタイプには、転倒防止ワイヤーが同梱されています。

配線について

Qテレビやデッキの配線はどうするの?
A

WALLテレビスタンドでは、背面に配線を収納できます。

WALLテレビスタンドは、本体がスチール素材のため、マグネット付きの電源タップを使用することで、テレビ以外の周辺機器のコード類も写真のように支柱の裏面に回してまとめることができ、目立つことなく収納が可能です。

Qテレビスタンドからの配線は隠せるの?
A

コードカバーを使用することで、配線をすっきりまとめることができます。

Wテレビスタンドからコンセントまで距離がある場合、どうしてもコードが見えてしまいます。WALL テレビスタンドでは別売りのオプションとして、インテリアと合わせやすい白と黒のコードカバーを用意しています。コードカバーを使用することで複数のコード類をすっきりまとめることができ、掃除もしやすくなります。

インテリアコードカバー

組み立てについて

Q組み立てに必要な人数は?
A

テレビスタンドを組み立てる際は、大人2人で作業してください。

WALLテレビスタンドの組み立てには、大人2人で30分程度かかります。組み立ては、実際の設置場所で広いスペースを確保してから作業してください。 また75 インチ以上のテレビを設置する場合は、3名以上で作業してください。 組み立てには、プラスドライバーをご用意ください。それ以外のスタンドの組み立てに必要な部品や工具は同梱されています。WALLテレビスタンドの組み立てについて動画で確認したい方は、YouTube動画をご覧ください。 設置するテレビによって同梱以外のネジが必要な場合は、下記宛にご連絡いただければ郵送いたします。
コンシェルジュデスク:0120-777-570

Q組み立てをお願いできるの?
A

家電量販店では組み立てサービスを行っている場合もございますので、各店舗にご確認ください。 WALL取り扱い店舗を確認する

収納について

Qテレビスタンドでは周辺機器を設置できるの?
A

棚板などを利用することで周辺機器を設置できます。WALLテレビスタンドでは、用途に合わせた様々な別売りオプションを用意しています。

棚板

こだわりの位置に「無段階調節」可能なWALL専用棚板。ゲーム機、レコーダーやルーター等の周辺機器をスマートに収納。

サウンドバー専用棚板

高音質化を叶えるサウンドバーを「無段階調節」で取り付け可能な専用棚板。長さに合わせてS・M・L の3サイズから。

ポータブルゲーム機ホルダー

「Nintendo Switch」対応棚板。ドックの固定やリングコンを付属のフックに掛けるなど、周辺機器の収納をスマートに。

ハードディスクホルダー

ハードディスクをテレビ背⾯に設置でき、正⾯をスッキリ美しく。外付けHDD以外にも、ルーターやモデムのホルダーとしても。

Q棚板類は何枚取り付けられる?
A

テレビスタンドによって取り付け可能な棚板の枚数は異なります。

WALLテレビスタンドの場合、テレビスタンドの種類やテレビの設置高さにより、取り付けできる枚数が異なります。

WALLテレビスタンド棚板取り付け可能枚数と耐荷重